cookpad Careers
Interview

自分の技術を高め、売り上げに貢献したい

三條 智史
エンジニア2018新卒入社

機械学習を利用してユーザーに価値を提供するものをつくりたい

機械学習とプログラミングにのめり込んだ学生生活

大学では情報系の学科に所属し、学部4年からは機械学習を用いた研究をしていました。研究室では様々な研究をしていましたが、最終的に修論として提出したものは、クックパッドの検索画面に出ている画像とタイトルと食材、説明文から、どのレシピのPV数が高くなるかを当てるといった内容の研究です。
機械学習の研究とは別に、授業で学んだプログラミングが楽しくて趣味としてのめりこむようになりました。ハッカソンに参加したり、出身大学の学生向けに大学のシラバスと単位取得率を見ながら授業を決められるサービスなど、自分や自分の友人が対象ユーザーとなるものをいくつか開発していました。

自分の技術を高め、売上に貢献したい

機械学習エンジニアとして働くことを考えた時に、研究所で基礎研究をするのではなく、機械学習を利用してユーザーに価値を提供するものをつくりたいと強く思いました。クックパッドの研究開発部は、ユーザーに価値を届けることを最優先に活動している組織だったので、自分の目指す方向性とマッチしていると感じ、入社に至りました。

研究開発部は基本的にやるべきこと・やりたいことを見つけた人が主体となって仕事を進めていくので、専門領域外のことにも挑戦する機会が多くあります。私も元は画像領域を専門としていたため画像に寄ったタスクが多かったのですが、広告事業部の人と話をする中で今取り組むべき課題が見えてきて、広告のログを使ったプロジェクトに参加することになりました。

仕事を進めるうちに、事業にもっと密に関わり、ビジネスに貢献していきたいと考えるようになりました。クライアントの課題が、実は技術で解決できるというところが面白く、やりがいを感じ、メディアプロダクト開発部 マーケティングサービス開発グループに異動しました。現在は中小食品メーカーのこだわり食材の良さを伝える「メーカーズタウン」というBtoBtoCのプラットフォームの開発をしています。このプラットフォームを通じ、良いものを作っている中小の食品メーカーを支援したいと思っています。

クックパッドの持つ資産を活かし、社会を幸せに

技術とビジネスを組み合わせ、八方よしのサービスを

将来は新規事業開発にもっと関わっていきたいと考えています。ビジネスが好きで、技術という道具を用いて売り上げに貢献することにやりがいを感じています。
月間約5,200万人(2022年9月時点)が利用しているクックパッドは、ユーザーの消費に関する日本有数のビッグデータを持っています。この消費データに、スーパーなどが持つ購買データや、位置データなどが加わったら……次に消費者が何を買うのかがデータでわかったら……と考えるとワクワクします。
自分が持っている技術と、ビジネスを組み合わせて、クックパッドだけでなく、メーカー、小売、消費者や日本の食文化に良いインパクトを与える八方よしのサービスを作れたらと思っています。他部署との連携もしたいですが、それだけにとどまらず、クックパッドの持つ資産を活かし、流通や小売などの他社や団体を通じて社会が幸せになるサービスを作っていきたいですね。